けいそうどどど
1階内装のペンキ塗りが終わったので、今がんばっているのは2階部分。
2階はさすがに1階よりも狭いので、さくさく終わるだろーと思っていたのが甘かった。
f0072537_2346778.jpg
もともとはこんなでした。
なんで変な色の部分があるのかというと、ここに大きな穴ぼこが開いていたのを
大工さんが直しているから。
というわけで、2階の場合はペンキぬればOK!というわけにはいかず、
上から珪藻土を塗りこめることに。
写真は、既にメッシュテープとしっくいで、下地補修を先にしているところ。
珪藻土も、ペンキと同じく、ビニール壁紙の上から塗れるのがよいところだけど、
こういう風に、壁紙がはがれていたり、穴が開いているところにはちゃんと補修をしておかないと
後ではがれてくる原因になるらしい。
f0072537_23484145.jpg
補修個所、ズームアップ。
f0072537_2350978.jpg
では、珪藻土作業開始。
まずは、2リットル(+α)の水と、珪藻土をバケツに投入。
ちょっと大掛かりな料理っぽいんですよね。
f0072537_23503810.jpg
何かの材料で余った木材をかきまわし棒に。ねりねりぐるぐる。
結構な量なので、この混ぜる作業がかなりの重労働。
ずっと混ぜているうちに、珪藻土の粉が小麦粉にしか思えなくなってくる。
マヨネーズよりも固いくらいがちょうどよいらしい。
f0072537_23512862.jpg
大体混ざったら、トレイに移す。
本当は、混ぜてから30分くらい置いておくのがよいらしい。けど時間ないので割愛。
料理だったらありえないくらいのダマダマ状態のまま、作業開始。
そもそも、バケツに入れるのは水が先か、珪藻土の粉が先か・・・
いまだ答えは見えない。なんかコツあるのかなあ。
トレイに移してから、ゴムベラでダマをなるべくつぶしてから作業に移るのが効率よいと判明。
f0072537_2354336.jpg
ひたすらゴムベラでぬりぬり。
最初慣れないとちょっと難しい。ペンキ塗りよりもコツがいる。
スポンジを使った塗り方もあるらしいけど、今回はゴムベラ(コテと一緒)で全て通す。
段々慣れてきてわかったけど、なるべくたっぷりつけて、ストロークを長くやるときれいに仕上がる。
でも、多少ハンドメイド感が出ている方が、味があっていいのかもしれない。
f0072537_23575694.jpg
元々の壁紙と比べると、だいぶ白くすっきりしそうです。
f0072537_23581418.jpg
ペンキ塗りに飽きてきた当初は楽しかったけど、うんざりするほど塗ったのでもうお腹いっぱい。
丸2日かけても終わりません。次回絶対終わらせる・・・

珪藻土の面倒なところは、一度作ってしまうと日を置くともう固まって使えなくなるので
なくなるまでひたすらやるしかないという。
昨日は、作業最長時間を記録いたしました。(最後の方は疲れたの通り越してガテンハイ状態)
f0072537_061351.jpg
おまけ。
先日通りかかって気になっていた、浅草橋駅近くのタイ料理屋さんでランチしたところ
なかなか美味しかった!食べログも高評価!
パッタイ、サラダ、スープ、デザート付で700円。
ランチ、かなり混んでました。また1軒開拓!

タイ料理 パヤオ
〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-10-8
第二石渡ビル 2F
浅草橋駅 東口出口徒歩30秒
営業時間: 11:30~14:30 17:00~23:00

f0072537_21203015.gif

ご感想、ご意見ありましたら、こちらにメールをください。

saoryng☆withe.ne.jp(☆を@に変えてください)

f0072537_21203015.gif

twitterやってます。
→メニューからもどうぞ。
http://twitter.com/saorinphoto

f0072537_21203015.gif

WEBマガジン「写真花」上で、隔月でコラムを書いています。
私が撮った写真はもちろん、ブログや著書では書ききれなかった内容も
バックナンバーで公開中!
「写真を楽しむ、写真で楽しむ」

f0072537_21203015.gif

f0072537_936275.jpg






「フォトブック レシピ 簡単アルバムと写真集のつくりかた」(雷鳥社)2011年4月8日(金)新発売!こちらから




f0072537_1215197.jpgf0072537_120235.jpgf0072537_12167.jpg
[PR]
by greenfreak | 2012-05-30 00:06 | アトリエができるまで
<< 急ピッチ! 電気工事で激変! >>