水道メーター取り付け・ペンキ塗り
f0072537_17591335.jpg
正午にガレージに着くと、あれ、シャッターが開いている。
中をのぞいたら、作業服を着た間寛平似のおっちゃんがいて、
お互い「???」状態だったけど、「ああ、ここを借りる人か!」と言われた。
どうやら、大家さんが手配してくれた内装業者の大工さんのようだ。

中は、ところどころ壁に穴が開いていたりして、上から板を打ち付けるしかないなーとか
思っていたけど、さすがプロ。
若干雨漏りして腐っていた箇所も全て修繕してくれるみたいだ。

というか借りると決めた時点では、大家さんがそこまでしてくれると
思っていなかったので本当にラッキーだった。
f0072537_17595851.jpg
プロの仕事道具。
f0072537_1813517.jpg
陥没していた床が直されていた。

f0072537_17595630.jpg
水道業者さんが来る前に、徒歩30秒くらいのところにある公園へ移動した。
今日は、昨日の日曜よりもさらにぽかぽか陽気の月曜日。
桜も満開。暑いくらいだった。
公園には、立派なソメイヨシノの木が立っていて、ここでもお花見を楽しめる。
サンドイッチを作って、この桜の木の下で食べるべく持っていった。
質素だけどごちそうだ。すごく幸せな気分になった。

f0072537_180491.jpg
f0072537_1812585.jpg
その後、水道業者さんが来てメーターを取りつけるも、水が出ない。
どうやら20年使っていなかったので、色々と問題があるらしい。
f0072537_182468.jpg
その後、今度は水道局の作業員2人が来てあれやこれや作業をし、
水は無事出るようになった。が、隣の水道が切れているため、このままだと
そこから吹き出してしまうので、結局バルブは閉じたまま。

ここで水が使えるようになるのはもう少し先のようだ。

気を取り直して、大工のおっちゃんたちが作業しているかたわら、
天井のペンキ塗りに取り掛かった。

f0072537_1821277.jpg
入口近くのがたがたしている凹凸の天井はやっかいだ。
最初ローラーでやろうとしたけど、木がペンキを吸うのであまり色が乗らないのと、
凹凸の隅の部分など細かいところを塗るのが難しく、結局家から持参したハケで塗ることにした。

しばらくやっていたら、後から合流した大工のお兄さんが助言をくれた。
「隅とかの細かい部分を最初ハケで塗っておいて、あとから広い部分をローラーとかで
塗る方が早いよ」とのこと。確かに・・・

素直に助言に従ったものの、隅ばっかりやってるとなんか地味な作業で達成感が薄い・・・

まだまだ先は長い。
[PR]
by greenfreak | 2012-04-09 17:58 | アトリエができるまで
<< エアコン 軽トラ移動デー >>